素材の耐久性に優れている
素材の耐久性に優れている

素材の耐久性

素材の耐久性
に優れている

スマートデッキは厳選された日本製の部材を採用することで、柱・梁などの主要構造部は30年以上の耐用年数があります。

耐食性に優れた材料を使用

お客様の安心のために仕様を開示しています

日本製鉄製の「スーパーダイマ®」の採用により、従来の溶融亜鉛めっき材より耐食性に優れています。スマートデッキでは、柱や梁などの主要構造部に業界最高品質の日本製鉄製「スーパーダイマ® 」加工された軽量H形鋼「スマートビーム®」を使用しています。

スマートデッキの仕様

使用材料は国内大手メーカー製の耐食性に優れた材料を使用します。

部位寸法処理など
H-100×100×3.2×4.5スーパーダイマ
(スマートビーム・日本製鉄製)
H-200×100×3.2×6スーパーダイマ
(スマートビーム・日本製鉄製)
アングル材L-100×100×6神戸MAG
(神戸製鋼製)
床板PL-200×70×50×2.3プレメッキ鋼板
(日本製鉄製・中山製鋼所製)
車止め560×150×100リサイクルプラスチックゴム製
ボルト
(柱・梁)
M16中ボルト溶融亜鉛メッキ
ボルト
(床材)
M12中ボルト溶融亜鉛メッキ
アンカー M16(ケミカル式)溶融亜鉛メッキ

スマートデッキの柱、梁には日本製鉄製のスマートビーム(スーパーダイマ処理)、デッキ(床板)部は日本製鉄製もしくは中山製鋼所製のプレメッキ鋼板、アンカーは日本製鉄製(スーパーダイマ処理)、ボルト部は溶融亜鉛メッキ製品を使用します。

腐食試験結果

スマートデッキが採用しているスーパーダイマ®は、鋼板表面に亜鉛を主成分に、約11%のアルミニウム、約3%のマグネシウム、微量のシリコンからなる合金めっきを施し、従来の溶融亜鉛めっき鋼板と比較して優れた耐食性を持つ鋼板です。

  90 サイクル 180サイクル
スーパーダイマ®
(JIS G 3323)
溶融亜鉛めっき
(JIS G 3302)

下記①~③を
1サイクルとして繰返す。

  1. 塩水噴霧・・・2時間
  2. 乾  燥・・・4時間
  3. 湿  潤・・・2時間

スマートデッキの耐用年数

スマートデッキの耐用年数

耐用年数は設置環境により異なりますが、一般的な都市部では柱、梁部は約30年、車の出入りのあるデッキ(床板)部で約15年です。定期的な塗替え工事を行うと耐用年数は倍以上に伸びます。特にデッキ部は10年ごとの塗替えをお勧めしております。

地下ピット内は過酷な環境

雨水が流れ込む過酷な環境

地下ピット内は、雨水が流れ込み、換気が悪いため鋼材にとって非常に過酷な環境だから、耐久性の高い素材が必要となります。

部材の暴露試験を実施
部材の暴露試験を実施

自社工場でも、部材の暴露試験を実施しています。