What is Smart Deck ?

スマートデッキとは?

『スマートデッキ』は
当社がご提供する鋼製平面駐車場の
登録商標です。

スマートデッキは機械式駐車場を解体したのち、ピット(地下)内に軽量の鉄骨の柱と梁を組立てその上に鋼製の平面を載せた「暫定平面」構造物のことを言います。

これが「スマートデッキ」です。

  • 完成したスマートデッキ
  • 下から見たスマートデッキ
  • 商標登録証

東京近郊マンション

機械式駐車場「単純昇降式2段(地下ピット1段)7列」をスマートデッキで平面化、平置き7台にした事例。

スマートデッキの工事の流れ

  • 01
    解体前
  • 02
    解体中
  • 03
    地下ピット
  • 04
    組立て
  • 05
    完成

Smart Deck structure

スマートデッキの構造

スマートデッキは上面開口部、側面部、および底面部を有する地下ピット部と地下ピット部の底面に設置される柱と、地下ピット部の長さ方向または幅方向のうち、いずれかの方向に沿って設置される梁と、梁の上に設けられるデッキ部を備え、柱と梁とはL字状の接合部材を介してボルトのみで接合され、梁の端部のうち少なくとも一方は、地下ピット部の側面に固定されている。デッキ部は、デッキプレートを梁に沿って複数並べたもので構成される。(実用新案登録証より抜粋)

品名
Smart Deck LEGOⅡ(スマートデッキレゴ2)
使用部材
寸法 処理など
H-100×100×3.2×4.5 スーパーダイマ(スマートビーム・日本製鉄製)
H-200×100×3.2×6 スーパーダイマ(スマートビーム・日本製鉄製)
アングル材 L-100×100×7 スーパーダイマ(日本製鉄製)
床板 PL-200×70×50×2.3 プレメッキ鋼板(日本製鉄製・中山製鋼所製)
塞ぎ板 L-90×30×1.6 プレメッキ鋼板(日本製鉄製・中山製鋼所製)
車止め 560×150×100 リサイクルプラスチックゴム製
区画ライン W-100×1.6 塗装(橙)
ボルト(柱・梁) M16中ボルト 溶融亜鉛メッキ
ボルト(床材) M12中ボルト 溶融亜鉛メッキ
アンカー M16(ケミカル式) 溶融亜鉛メッキ
各部材
柱はM16ケミカルアンカーボルトで固定します。固定方法ピット床面から約50mm上げてレベル調整をし、床~柱間はモルタルにて仕上げます。柱~梁はM16ボルトを使用し固定します。梁~床材はM12ボルトを使用し固定します。塞ぎ板はリベットを使用し固定します。
最大耐荷重量
最大耐荷重量は2,500kgです。別途3,000kg仕様もあります。
オプション
電気自動車用充電スタンド/カーポート/照明/防犯カメラ/防災倉庫/タイヤラック等/点検口鍵/高重量仕様
納期
ご発注から最短2週間で着工可能です。

Various Types of Smart Deck

様々なスマートデッキ

スマートデッキにはお客様の機械式駐車場の状況やお客様の個々のニーズに合わせた、様々なものをご用意しています。

屋内スマートデッキ

Before

屋内機械式駐車場の平面化はスマートデッキの独壇場。狭所での解体、本体建物への影響から埋戻しが不可能な場所もスマートデッキなら問題なし!

スマートデッキ(地下ピットなし)

Before

地下ピットのない機械式駐車場で解体後のアスファルト舗装、コンクリート打設にも不向きな場所でも、対応できるスマートデッキです。

駐輪場(スマートルーフ)

屋根付き駐輪場へ

スマートデッキで平面化し、駐輪場(屋根付き)にしたものです。(屋根が付くと建築確認申請が必要です)

バイク置場転用(スマートルーフ)

スマートデッキで平面化した一部分を、不足していたバイク置場(屋根付き)にしたものです。
(屋根が付くと建築確認申請が必要です)

スマートデッキは納入実績No.1

スマートデッキ導入まで

先ずはお気軽ご相談から

機械式駐車場に関するご相談なら、どんなことでもお気軽にご相談ください。ヒアリングから現地調査、お見積りまで素早く無料でご対応いたします。表面化した問題を放置したり、業者まかせにしておくことで、ご所有の機械式駐車場はどんどん維持管理、修繕費がかさみ、とんだお荷物になりかねません。機械式駐車場取扱い25年のキャリアを持つ剛力建設が、総力でお客様に最適・最良のご提案をさせていただきます。
営業から設計・製作・施工までを最新の技術で一体化した体制(剛力インテグレーション)は、どこよりも早い納期とどこよりも高いコストパフォーマンスを実現いたします。

一般的なお問合せから引渡しまでの流れ

Flowchart

下記ボタンより、お客様マンションのスマートデッキ導入費用を簡易的にシミュレーションできます。
導入費用のおおよその目安にお使いください。